【クラロワ攻略】ロケット砲士を手に入れよう!特別チャレンジ第1段の攻略方法!

【クラロワ】ロケット砲士を手に入れよう!チャレンジの攻略法!

クラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)にて、ロケット砲士がGETできる特別チャレンジの第1段として「ロケット砲士を手に入れよう!」が開催されています。

2020年1月9日17時までの時間制になっているので、早くロケット砲士を手に入れたい人は挑戦してみましょう。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジの詳細

バトルの形式

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジのバトル形式

今回のチャレンジのバトル形式は、特徴の似た2枚のカードからお互い4回ずつを選択し、自分が選んだ4枚と相手が選ばなかった4枚でデッキを作るドラフトバトルです。

どのカードを選択するかが非常に重要なバトルで、さまざまなカードを使いこなすプレイスキルが必要となります。

報酬

今回のチャレンジの報酬の目玉はもちろんロケット砲士ですが、3回負けるまでの間に5勝または11勝しなければいけません。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジの報酬1

▲5勝でロケット砲士1枚GET!

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジの報酬2

▲さらに11勝でなんと100枚GET!

その他にも、勝利を重ねることで宝箱やゴールドなどを報酬として受け取ることができます。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジの攻略方法

基本的な立ち回り

ドラフトバトルなので基本的には防衛に強いカードを選び、地上と飛行ユニットをバランス良く選択すると戦いやすいです。

それに加えてジャイアントやゴーレムなどの大型ユニットや、ホグライダーなどのアタッカーを1枚は選ぶようにすると安定したデッキを組むことがきます。

ロケット砲士は必ず選択!

今回の主役であるロケット砲士は自分が選択できる場合には必ず取るようにしましょう。

使い慣れていないカードなので最初はハードルを高く感じますが、非常にスペックが高く攻守ともに活躍できる非常に優秀なユニットです。

対策しづらいドラフトバトルでは、相手に取られたほうが防衛するときにかなり苦戦します。

ロケット砲士の使い方やステータスはこちら!

その他にも選択したほうが良いカードとそうではないカードについては、下の表にまとめたので、チャレンジに参加する前にチェックしておきましょう。

選んだほうが良いカード

カード名 理由

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジで選んだほうが良いカード(ロケット砲士の画像)

ロケット砲士

貫通+範囲攻撃持ちで優秀なユニットなので必ず選択。相手に処理できる呪文がない場合は、かなり厄介なカードになる。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジで選んだほうが良いカード(矢の雨の画像)

矢の雨

ロケット砲士の対策用カード。自分がロケット砲士を選択した場合でも、相手に渡さないことでロケット砲士が処理されづらくなる。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジで選んだほうが良いカード(マジックアーチャーの画像)

マジックアーチャー

ロケット砲士と同じく貫通+範囲攻撃持ちのユニット。壁ユニット+ロケット砲士で相手が攻めてきた場合もまとめて処理しやすい。

選ばなくていいカード

カード名 理由

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジで選んだほうが良いカード(ガーゴイルの群れの画像)

ガーゴイルの群れ

ロケット砲士に一瞬で処理されエリアドを取られやすい。ロケット砲士が必ずどちらかに入る今回のチャレンジでは弱いカード。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジで選んだほうが良いカード(大砲の画像)

大砲

小屋系以外の射程が狭い建物全般は、射程が広く攻撃のたびにノックバックするロケット砲士とは相性が非常に悪い。

「ロケット砲士を手に入れよう!」チャレンジで選んだほうが良いカード(テスラの画像)

テスラ

小屋系以外の射程が狭い建物全般は、射程が広く攻撃のたびにノックバックするロケット砲士とは相性が非常に悪い。

まとめ

ロケット砲士のスペックが非常に高いので、基本的にはロケット砲士を選択したほうが戦いやすいです。

たとえ選択できない場合でも、矢の雨やその他の呪文、マジックアーチャーなどを取っておきロケット砲士の対策ができるようにしておきましょう。

ドラフトバトルなので、デッキの相性に左右されやすいところもありますが、3敗しても100エメラルドで再挑戦することもできるので、新しいカードを楽しんでプレイしましょう!

ロケット砲士のステータスや使い方

【クラロワ】新カード!ロケット砲士のステータスと使い方!おすすめデッキ紹介

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です