【クラロワ】シーズン14で大流行!高回転ロイヤルジャイアントデッキの使い方と対策を解説!

【クラロワ】シーズン14で大流行!高回転ロイヤルジャイアントデッキの使い方と対策を解説!

クラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)にて、現在、高回転のロイヤルジャイアントデッキが大流行しています。

このデッキは、グローバルの1位、2位、3位はもちろん、その他にも数多くの上位プレーヤーに使用されていて、シーズン14においてかなり注目度の高いデッキです。

本記事では、まず前半にこのデッキの使い方や相手に使われた場合の対策について解説し、後半では、プロ選手やYoutuberの方の動画を紹介しています。

目次

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割

平均コスト

平均コスト 3.1

デッキ編成と各カードの役割

カード名 役割説明

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(ヒールスピリットの画像)

ヒールスピリット

攻撃時に追加して味方ユニットを回復させる。ローリングウッドなどを持っている相手の場合は、使うタイミングに注意したい。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(スケルトンの画像)

スケルトン

突進系や火力の高いユニットの受けなど、汎用性の高い防衛ユニット。コストが1で手札回しにも使える。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(エレクトロウィザードの画像)

エレクトロウィザード

小型の大群系ユニットや、飛行ユニットの防衛役。ザップ効果を使ってライドラやスパーキーの攻撃をリセットすることも可能。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(ロイヤルジャイアントの画像)

ロイヤルジャイアント

メインのアタッカーとなるユニット。防衛後に残ったユニットの前方に出して、相手タワーを確実に削っていける。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(ファイアボールの画像)

ファイアボール

相手の建物の破壊や、スケドラ、バーバリアンの処理に使用。最後の削り呪文としても優秀なカード。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(ハンターの画像)

ハンター

対空+範囲攻撃持ちで、防衛の要となるユニット。ゴーレムなどの大型や、バルーンなどの飛行ユニットにも対応可能な万能カード。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(ローリングバーバリアンの画像)

ローリングバーバリアン

ゴブリンバレルやスケルトン部隊などの、小型大群系ユニット対策の呪文カード。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のデッキ編成と各カードの役割(漁師トリトンの画像)

漁師トリトン

ロイジャイの後衛に付け、相手の防衛ユニットを引き寄せ処理。防衛時には大型やホグ系を引き寄せ、時間稼ぎやキング起動ができる。

入れ替え可能なカード一覧

カード名 役割説明

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』の入れ替え可能なカード一覧(ローリングウッドの画像)

ローリングウッド

ローリングバーバリアンと入れ替え可能。相手陣地の奥深くまで攻撃が届き、タワーも同時に削ることができるが、地上受けが1枚少なくなる。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』の入れ替え可能なカード一覧(スケルトンドラゴンの画像)

スケルトンドラゴン

エレクトロウィザードと入れ替え可能。高火力で相手ユニットを一気に処理できるが、スパーキーの処理や相手のインドラ防衛の突破が難しくなる。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』の攻撃方法・攻め方

攻撃時に使うメインのカード

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で攻撃時に使うメインのカード(ロイヤルジャイアントの画像)

ロイヤルジャイアント

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で攻撃時に使うメインのカード(漁師トリトンの画像)

漁師トリトン

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で攻撃時に使うメインのカード(エレクトロウィザードの画像)

エレクトロウィザード

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で攻撃時に使うメインのカード(ハンターの画像)

ハンター

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で攻撃時に使うメインのカード(ヒールスピリットの画像)

ヒールスピリット

基本的な攻撃方法

このデッキは防衛から入り、防衛後の残りのユニットの前にロイヤルジャイアントを出し、カウンターの形で相手のタワーを削っていく。

相手の防衛ユニットにあわせて、ロイヤルジャイアントの後衛に、トリトン、ハンター、エレウィズを付け足してサポートしていこう。

また、タイミングを見てヒールスピリットを追加することで、味方を回復しさらなるダメージが期待できる。

『高回転ロイジャイデッキ』の基本的な攻撃方法

▲残った防衛ユニット+ロイジャイでカウンターを仕掛ける!

漁師トリトンで防衛ユニットを引き寄せる

ロイジャイの後衛にトリトンをつけることで、相手の防衛ユニットを引き寄せ、ロイジャイからユニットを引き剥がすことが可能。

HPの高いユニットを引き寄せる場合は、トリトンの近くにハンターをつけることで、引き寄せたユニットをハンターが処理してくれる。

『高回転ロイジャイデッキ』漁師トリトンで防衛ユニットを引き寄せる

▲トリトンで引き寄せることで、ロイジャイをフリーにすることができる!

防衛施設持ちにはロイジャイを後ろから展開

防衛施設がある場合は、なかなかロイジャイの攻撃がタワーに届きにくくなる。

その場合は、キングタワー後ろからロイジャイ展開し、後衛のユニットを重ねて一気に攻撃を仕掛けていこう。

また、後ろから展開することでエリクサーが溜まりやすいので、ファイアボールを使って防衛施設を突破することも可能。

『高回転ロイジャイデッキ』防衛施設持ちにはロイジャイを後ろから展開

▲ロイジャイが処理されたとしても、2周目のロイジャイを回すことも可能!

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』の防衛方法・守り方

防衛時に使うメインのカード

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で防衛時に使うメインのカード(スケルトンの画像)

スケルトン

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で防衛時に使うメインのカード(漁師トリトンの画像)

漁師トリトン

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で防衛時に使うメインのカード(エレクトロウィザードの画像)

エレクトロウィザード

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で防衛時に使うメインのカード(ハンターの画像)

ハンター

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で防衛時に使うメインのカード(ファイアボールの画像)

ファイアボール

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』で防衛時に使うメインのカード(ローリングバーバリアンの画像)

ローリングバーバリアン

基本的な防衛方法

このデッキは、防衛能力の高い漁師トリトン、ハンター、エレクトロウィザードが編成されているので、防衛能力が非常に高い。

たとえ防衛を突破されたとしても、高回転でカードが回り2周目のカードで処理できるので、落ち着いて防衛していこう。

また、このデッキは単体攻撃系のユニットが多いが、相手がユニットを固めて出してきた場合にもファイアボールや、ロリババで簡単に処理ができる。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』基本的な防衛方法

▲ファイアボールで一気に処理できればエリアドも取れる!

大型や突撃系はトリトンでキング起動を狙え!

ゴーレムなどの大型または、ホグライダーなどの突撃系ユニットの場合は、トリトンで自陣中心に引き寄せ、ハンターの高火力で一気に処理していく。

また、エレウィズも加えることで遅延効果を加えながら防衛することも可能。

トリトンをキングタワー手前から出すことで、キングタワーを起動をできるので、試合序盤に決めれば後半の防衛がかなり楽になる

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』トリトンを使った起動

▲優位に試合を進めるためにも、この防衛方法は習得しておこう!

対空ユニットにはハンターを直当て

ラヴァハウンドやバルーン相手には、ハンターをしっかり当てて防衛していこう。

特に火力の高いバルーンには注意が必要だが、近距離にハンターを出すと2発で処理ができるので、特にバルーン相手にはハンターを使うタイミングが重要だ。

他にもエレウィズの遅延や、最悪の場合にはファイアボールでも防衛が可能。

高火力相手は低コストカードでターゲットを取る

ペッカやプリンスなどの高火力ユニットに対しては、まずはスケルトンやロリババ、ヒースピなどでターゲッを取るようにしよう。

もちろんトリトンやハンターでも防衛するが、低コストカードをおとりに使い、そのスキにその他のカードで処理すると事故が少ない。

ヒースピを使って防衛することで、味方ユニットが回復しカウンターにも繋げやすい

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』の対策方法

基本的な対策

多くの場合、ロイジャイ+トリトンで攻めてくることが多いので、必ず2体以上のユニットでロイジャイを防衛するようにしよう。

1体の防衛ユニットがトリトンに引き寄せられても、その間に他のユニットがロイジャイへダメージを与えることができる。

防衛施設が効果的

ロイジャイ相手には、やはり防衛施設が効果的で、特にバーバリアンの小屋がこのデッキに強い。

ババ小屋はHPが高い上に、2体のバーバリアンが生成されるので、トリトンに1体引き寄せられてももう1体でロイジャイを攻撃することができる。

トルネード+範囲攻撃ユニット

「大型ユニット+後衛」の処理に有効的方法だが、このデッキにも非常に効果的な防衛方法だ。

トルネード+ファルチェやウィザードなどの範囲攻撃で、ロイジャイと後衛ユニットを一掃することができる。

また、ハンターやエレウィズであれば、トルネード+ファイアボールでも処理できるので覚えておこう。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のミラー対決の勝ち方

漁師トリトンの使い所が対策がカギ!

このデッキはかなり流行りのデッキでもあるので、今後ミラー対決になることもかなり考えられる。

ミラー対決でカギとなるのが、トリトンの使い所と、相手のトリトンに対する対策だ。

基本的な立ち回りは変わらないが、防衛時に相手のトリトンに高火力のハンターが引き寄せられないよう、スケルトンなどでカバーすることがかなりに重要。

また、ハンターを使ってロイジャイのターゲットを別のタワーに変えることもできるので、知っておくと楽に立ち回れる。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』トリトンを使った防衛

▲この位置に出すことで、ロイジャイのターゲットを逆サイドのタワーへ変えることができる!

プロ選手やYoutuberの方の『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』動画

シーズン14の序盤で、このデッキが大流行していることもあり、多くのプロ選手やYoutuberの方が動画で使い方や立ち回りを紹介してくれています。

さまざまなデッキを相手にした実践動画になるので、あわせて参考にしてみてください。

KK 19212さんの動画

ミラー対決の他、三銃士デッキやホグデッキ(キング起動方法あり)などのデッキと対戦しています。

RADさんの動画

ラヴァクロデッキ、スパーキーデッキ、ペッカ攻城デッキと対戦しています。

けんつめしさんの動画

ロリババをローリングウッドに変えたデッキ編成で、ミラー対決、エリゴレデッキなどと対戦しています。

焼き鳥さんの動画

ロリババをローリングウッド、エレウィズをスケドラに変えたデッキ編成で、さまざまなデッキと対戦しています。

isa poronさんの動画

ロリババをローリングウッドに変えたデッキ編成で、遅延スケラデッキなどと対戦しています。

ライキジョーンズさんの動画

今回のデッキのメタデッキ「遅延スケラデッキ」を紹介しています。

『高回転ロイヤルジャイアントデッキ』のまとめ

シーズン14の序盤では、今回紹介した「高回転ロイヤルジャイアント」デッキが大流行していて、マルチ上位陣が使うほど強力なデッキです。

シーズン後半にかけてこのデッキのメタデッキが増えてきそうですが、しばらくはこのデッキが中心となりシーズン14が回っていくと思われます。

ロイジャイを主軸としたデッキを使う場合はもちろん、どのデッキを使うか迷っている方はぜひこのデッキを使ってみてください。

ロイヤルジャイアントのステータスや使い方もチェック!

【クラロワ】ロイヤルジャイアントのステータスと使い方!おすすめデッキ紹介

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です