【クラロワ】ハンターのステータスと使い方!おすすめデッキ紹介

【クラロワ】ハンターの使い方・対策方法

クラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)でのハンターのステータスや使い方、対策方法について解説します。またハンターを使ったおすすめデッキも紹介しています。6.5の飛距離で10発の弾を広範囲へ向けて打ちます。地上・空中どちらにも攻撃か可能で、弾の範囲内にいる敵全体にダメージを与えます。

ハンターの基本情報とステータス

【クラロワ】ハンターの画像

ハンターは広範囲へ向けて10発の弾で攻撃をします。射程は4ですが弾は6.5の距離まで届きます。攻撃速度は遅いですが、10発の弾すべてをヒットさせることができれば大ダメージを狙えます。

基本情報

コスト 4 レア度 スーパーレア
タイプ ユニット アンロック アリーナ1
【クラロワ】ハンターの攻撃速度攻撃速度 2.2秒 【クラロワ】ハンターの攻撃目標攻撃目標 地上/空中
【クラロワ】ハンターの移動速度移動速度 ふつう 【クラロワ】ハンターの射程距離射程距離 4
【クラロワ】ハンターの同時出撃同時出撃 1体 【クラロワ】ハンターの配置時間配置時間 0秒

レベル別ステータス

レベル HP ダメージ DPS
Lv9 696 70 × 10 32 × 10
Lv13 1011 102 × 10 46 × 10

2019年10月7日のバランス調整情報

  • ダメージ量が2%増加!

2019年10月7日のバランス調整詳細はこちら

ハンターの特徴

  • 飛距離6.5の弾を広範囲へ向けて放つ
  • 10発の弾すべてがヒットする近距離戦に強い
  • 遠距離の敵には数発の弾しかヒットしないためダメージが少ない

攻撃対象

ユニット 地上
建物 空中

ハンターの使い方

攻撃時の使い方

ハンターは遠距離の敵も攻撃でき、近距離にも強いため、ジャイアントやゴーレムなどの大型ユニットの後衛につけて防衛してきたユニットを一掃しよう。
地上・飛行ユニット、単体・複数ユニット問わず処理できるためサポートユニットとして非常に優秀。

防衛時の使い方

ハンターは至近距離で攻撃できればかなりのダメージを与えることができる。
HPが高いわけではないため、ジャイアントやゴーレムなどの建物・タワーのみを攻撃対象とするユニットの防衛に向いている。

【クラロワ】ハンターを使った攻城バーバリアンの防衛

▲同レベルの攻城バーバリアンはタワーの攻撃と合わせれば一瞬で分裂させることができる。

ハンターの評価

ハンターは広範囲へ向けて10発の弾を撃つため、すべての弾をヒットさせることができる近距離戦が得意。遠距離の敵に対しても攻撃することができ、単体・複数ユニット問わず処理することができるため、防衛力が非常に高いユニットだ。

ハンターの対策方法

ユニットでの対策

ハンターは距離が近ければ近いほど受けるダメージが大きいため、遠距離ユニットで防衛するのが◎。
マスケット銃士やホバリング砲などの射程が広いユニットで、ハンターの射程に入る前から攻撃し防衛していこう。

呪文・建物での対策

エリア度を取られやすいため、呪文・建物での防衛はあまりおすすめではない。
どうしても呪文を処理する場合は他のユニットやタワーを巻き込んで処理することを意識しよう。

ハンターを使ったおすすめデッキ

〜〜〜準備中〜〜〜

その他の攻略記事

全カード一覧

タイプ別カード一覧

【クラロワ】ユニットカード一覧(スケルトンの画像)

ユニット

【クラロワ】建物カード一覧(テスラの画像)

建物

【クラロワ】呪文カード一覧(ファイアボールの画像)

呪文

レア度別カード一覧

【クラロワ】ノーマルカード一覧(ナイトの画像)

ノーマル

【クラロワ】レアカード一覧(マスケット銃士の画像)

レア

【クラロワ】スーパーレアカード一覧(プリンスの画像)

スーパーレア

【クラロワ】ウルトラレアカード一覧(エレクトロウィザードの画像)

ウルトラレア

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です